こんにちは、田城です。

 

今回は購買プロセスを踏む事で訴求率を格段に上げてしまう方法についてお話しします。

人間の欲求は、心理学でさまざまな研究がなされています。

そのなかでも非常に効果が高いアメリカの販売広告の実務書の著作者でえあるサミュエルローランド・ホール氏が著作中で示した広告宣伝に対する消費者心理のプロセスを示したAIDMAの法則を利用します。

では早速動画をご覧いただき訴求率を各段に上げてしまうコピーライティングをインストールして下さい。

 

人が物を買う時の心の変化

Attenntion

始めに商品を認知します。

「世の中にはこんなもがあるんだ」

 

Interest

次に商品に興味や関心を持ちます。

「どんな内容か気になるな」

 

Disire

そして欲しいと思います。

「私もこの人みたいになりたい」

 

Memory

欲しい商品を記憶します。

「この商品をてにいれるぞ」

 

Action

そして最後に購入します。

「販売開始したから買おう」

 

人の心の移り変わりの状況を把握する事で、アプローチ方法が変わります。

なので、この流れに沿って段階を追ってアプローチする事で気持ちをキャッチしてあげるといいですよ。

 

基本的に無料オファーはこの流れに沿って配信されています。

あなたもこの流れを把握したうえで訴求率を上げましょう。

 

いかがでしたか?

 

インプットの後はアウトプットです。

 

人の脳は一度きりの情報は削除するシステムになっています。

何度も繰り返す事で長期記憶にインプットされるのです。

 

せっかく時間を割いて読んでいただいているので繰り返す事であなたの長期記憶にインプットしましょう。

 

常に進化する事で輝く未来へ 田城