こんにちは、田城です。

 

今回は、動画をもっと見たくなる動画撮影テクニックをお話しします。

芸能人でもあるまいし、自分の作成した動画を見ず知らずの人が見るって、照れくさいですよね。

 

そのように考えるのは、みな同じです。でも、私たちが目指す場所はこの道を避けては通れないのです。

ただ、このまま立ち止まらず、実行するのみです。

では早速動画をご覧いただき、もっと見たくなる動画の撮影テクニックをインストールしましょう。

始めにベネフィットを伝える

動画を見ている人は、この動画を見てどんな利益が得られるのかが知りたいのです。

楽しむ事が目的ではなく、欲しい知識や情報を得るために時間を割いています。

 

どうでもいいことには1分たりとも無駄にしたくないと考えています。

10分動画を見たけど欲しい情報がなかったらがっかりしますよね?

 

だから、視聴者が欲しい情報がどうかを冒頭でお伝えするのです。

とにかく時間をかけずに情報を的確に伝える事を意識しましょう。

 

とても速いスピードで便利になっている世の中なのですが、便利になればなるほど、時間がもっとほしくなるのはなぜでしょうか?

人の欲望には限りがない事を物語っていますよね。

視聴者は、欲しい情報を手っ取り早く手に入れたいと思っているので、早口で丁度よいスピードです。

 

内容は濃く、時間は短く

視聴者は欲張りです。できるだけ時間をかけずに、多くの有益な情報を求めます。

かゆいところに手が届く、丁寧な解説をしながら、時間は短く済ませると喜ばれます。

 

割とみなさんせっかちです。

なぜなら、忙しい合間に見ているからです。

必要のない情報はいらないのです。

 

この先必要ないと思われたら、途中で離脱されるのが落ちです。

YouTubeは途中で切られていなかを見ています。

途中で切られている回数が多いと評価が下がります。

 

できるだけ短く、濃い内容で作成すると、視聴者も喜ぶのです。

 

動画を見やすく加工する

動画撮影後に、音声と画像を加工します。

どもってしまったり、言い間違えたりした部分をカットします。

 

カムタジアスタジオで、サクサク編集して、徐々にクオリティの高い動画を発信しましょう。

慣れてきたら、ラジオDJになった気分で楽しいですよ。

 

集音マイクでクリアな音声にしよう

一度マイクなしで音声を撮ってみましょう。

なんだか聞き取りづらく、もっと聞きたいという気持ちにならない事がわかります。

 

はっきりした音声を録音するためにも、

集音マイクは必要不可欠です。

 

これから動画配信で、見込み客を集めるためには、絶対つかったほうがいいです。

 

見込み客数=収益

 

この方程式を頭に叩き込んでおいてください。

聞き苦しいノイズはNG

集音マイクはパソコンの音や、ハードディスクの音を拾ってしまい、とても聞き苦しくなってしまうので、

マイクをパソコンから離して、専用アームを取り付けるなど工夫してみましょう。

対話形式で感情を込める

台本を作ってしまうと、本を音読するような無味乾燥コンテンツを生みだします。

人は、感情移入する事でもっと聞きたいと思うわけです。

視聴者がいろいろ感じながら、話す内容に感動したり、悲しんだり、驚いたり、何かしら喜怒哀楽を交える事で、いつの間にか時間を忘れて視聴してしまうのです。

 

あなたの体験した事や、失敗した事、成功した事を感情をこめながら話すと、あなただけの魅力的なコンテンツの出来上がりです。

講義動画なので、大まかなながれはレジュメを見ながら進めるべきですが、一語一句読み上げると感情移入しづらいうえ、なんだか面白くない動画が完成します。

 

いかがでしたか?

 

インプットの後はアウトプットです。

 

人の脳は一度きりの情報は削除するシステムになっています。

何度も繰り返す事で長期記憶にインプットされるのです。

 

せっかく時間を割いて読んでいただいているので繰り返す事で

あなたの長期記憶にインプットしましょう。

 

常に進化する事で輝く未来へ 田城