こんにちは、田城です。

今回は心を読み説き訴求率を高める伝達方法についてお話しします。

5つの究極的な伝達方法であなたの訴求率を一気に上げましょう。

では早速動画をご覧いただき、読者さんの心に響く伝達方法で訴求率を高めましょう。

試してみて実感して下さい5つの伝達方法

●感情剥き出し法

●リピート法

●特別扱いの方法

●ギャップ法

●ありのままの方法

 

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

感情むき出し法

思った事をそのまま言葉にするだけで心に響いちゃいます。

例えば、

ヒ―ハー(ブラマヨ小杉)

なんでやねん(突っ込み全般)

こんな風に文章言葉より、感情をむき出しにした言葉のほうが心にダイレクトに響きます。

説明不要という感じです。

 

リピート法

いらっしゃい!いらっしゃい!いらっしゃい!(店の呼び込み)

安いよ!安いよ!安いよ!(店の呼び込み)

 

こんな風に同じ言葉を連呼する事で心に響くようになるから不思議ですね。

 

特別扱いの方法

「だれにも言わないでくださいよ」

「あまり大っぴらには言えませんが」

「あなただけにお教えします」

 

こんな特別な待遇を受けるとドキドキしますよね。

 

ギャップ法

大嫌い!でも大好き!といわれたらグッときませんか?

夢が現実に!というフレーズに魅力を感じませんか?

 

これは、大嫌いと大好きが反対の言葉である事、また、夢と現実が反対の意味である事が心に響くポイントになっているんですよ。

 

ありのまま法

背中がぞくぞくするほど刺激的だ!といわれると、なんだか自分までぞくぞくしませんか?

目の前が真っ白になった!!といわれただけでとても驚きショックを受けているようすがありありと分かります。

 

このように、ありのままの状況をそのまま言葉にすると、読み手は疑似体験ができるのです。

 

とてもシンプルですが、実はとても効果が高い5つの伝達方法です。

是非ともとり入れてほしいです。

 

いかがでしたか?

 

インプットの後はアウトプットです。

 

人の脳は一度きりの情報は削除するシステムになっています。

何度も繰り返す事で長期記憶にインプットされるのです。

 

せっかく時間を割いて読んでいただいているので繰り返す事であなたの長期記憶にインプットしましょう。

 

常に進化する事で輝く未来へ 田城