こんにちは、田城です。

 

今回は、メールで疲れない文章を提供しようについてお話しします。

すらすら読める文章で、内容が興味深い物であれば、読者さんはぐいぐい、引き込まれます。

逆に難しい単語や漢字、専門用語が出てくると一瞬にして読みたくなくなりますよね?

では早速動画をご覧いただき、すらすら読めて、ぐいぐい引き込まれるメールの書き方をマスターして下さい。

子供でも読める文章

メールを書くときに気を付けたいのが、専門用語や難しい言葉をなるべく入れないようにする事です。

話し言葉で、子供に語り掛けるようにやさしい文章を心掛けてください。

 

メルマガによらず、書籍でも同じことが言えますが、難しい理解できない言葉がずらずら出てくる専門書と、ひらがなが多く、易しい言葉、話し言葉で書いてある本では、どちらが読みやすいと感じますか?

 

断然、ひらがなの方ですよね。

難しい専門書を読んでいると、脳が停止して、眠くなってしまった事ないですか?

 

メルマガも同じなのです。

 

難しい言葉、理解できない内容は、読者さんの脳の働きを止めてしまうのです。

目的は、読者さんが楽しみながら、有益な情報を手に入れてもらう事です。

 

なので、子供でも理解できる事を意識して書いてください。

 

難しい専門用語を書く必要がある場合は、何を指し示すのかについて、書いてあげる事です。

分かりやすい文章にする事で、読者さんの反応が全然違ってきますよ。

 

基本は初心者さんがターゲット

自分より知識が少ない人をターゲットにすることが基本です。

なので、賢さを示すのではなく、ターゲットが気持ちよく読める事を意識しましょう。

例えばあなたの子供やおばあさんにも理解できる内容にするのです。

 

人はなるべくエネルギーを節約しようとする生き物なので、難しい文章は真っ先に読まれなくなります。

 

いかがでしたか?

 

インプットの後はアウトプットです。

 

人の脳は一度きりの情報は削除するシステムになっています。

何度も繰り返す事で長期記憶にインプットされるのです。

 

せっかく時間を割いて読んでいただいているので繰り返す事であなたの長期記憶にインプットしましょう。

 

常に進化する事で輝く未来へ 田城