こんにちは、田城です。

 

今回は、コピーライティングの基礎!初級編!をお話しします。コピーライティングでひとの感情を動かす事ができたらあなたの商品はどんどん売れます。では早速動画をご覧いただき、人の感情を動かすコピーライティングについてインストールして下さい。

クライアントさんの不安や悩みを把握しよう

人の悩みを具体的に把握するためには、まず自分の不安や悩みを明確に示して、客観的な立場で見つめましょう。

不安や悩みがあるという事は、解決したいという欲求が生まれるという事です。

 

その先にある目的をしかり見据えます。

不安や悩みを解決してどこにたどり着きたいのかを見つめてください。

 

では、具体的にノートなどに書き出してみてください。

 

1あなた望み

2望みを叶える方法

3あなたの現状

4現状でのあなたの気持ち

あなたの感情を第三者にわかりやすく伝える事で、感情に訴えかけましょう。

そして、感情をふんだんに盛り込み、わくわく感を持ってもらえるような商品を提示しましょう。

あなたがこれから商品化する情報について、ほかにすでに同じことをやっていいなかどうかを調べます。

 

やっている人がいる場合は、どんなふうで、特徴はなにかを調べます。

多くの人が望んでいる事を、ヤフー知恵袋などで検索して調べます。

 

あなたの商品価値を検証

自分の商品を赤の他人が見ている気持ちで、評価してみてください。

コピーライティングの重要なところは、感情に訴えるという事です。

 

人は感情に変化が加わると表情が変わります。また、声も変わります。

あなたが書いたメールを読んだ時うきうきしたり、心がおどったりして、表情や声がかわりますか?

 

面白い動画を見ると何度も笑ってしまうように、心が躍るようなウキウキする文章を読むと嬉しそうな表情や声になります。

自分で書いたメールを読み返してみて、心が躍るかどうか、ウキウキわくわくするかどうかを必ずチェックしてみましょう。

 

あなたがウキウキわくわくする文章であれば、きっと読者さんもウキウキわくわくするに違いありません。

そして、人はわくわくする事やドキドキする事をもっととり入れたいと考えているので、あなたのメルマガは心待ちにされる事間違いなしですよ。

わくわくやドキドキが感じられないメールは即解除されます。

 

のどから手が出るほど望む事、その背景にある出来事を、あなたの感情を全面に打ち出す事で、人の感情に訴えるコピーが書けるようになります。

 

いかがでしたか?

 

インプットの後はアウトプットです。

 

人の脳は一度きりの情報は削除するシステムになっています。

何度も繰り返す事で長期記憶にインプットされるのです。

 

せっかく時間を割いて読んでいただいているので繰り返す事で

あなたの長期記憶にインプットしましょう。

 

常に進化する事で輝く未来へ 田城