こんにちは、田城です。

 

あなたは、誰かに何かをプレゼントするとき,「欲しい物」を下調べするほうですか?

それとも、自分がプレゼントしたいものを選びますか?

 

マーケット調査におけるニーズ調査とは、人が欲しがっている物は何か?を調べる事です。

 

どんなものを欲しがっているかを詳細に具体的に知ることで、

「こんなものが欲しかったんだ」

と喜んで購入していただけるコンテンツを提供できるのです。

では、早速動画をご覧いただき、こんなもの欲しかったんだと喜んでもらえるコンテンツを提供しましょう。

 

ニーズ調査は、

顧客が「喉から手が出るほど欲しい!」

と思っているコンテンツを提供するためのとっても重要な作業です。

顧客のニーズを調査しよう

あなたが、何か購入するとき、なぜ購入するのかを考えてください。

なぜ欲しいのか?

 

欲しいと感じる前には、解消したい不満や悩みがあるはずです。

 

例えば、車を購入したい場合

 

●バスや電車に乗るのが嫌だ

●自転車では遠すぎる

●家族が増えて今の車では定員オーバーになる

●雨の日も快適に異動したい。

●みんな持っているのに、持っていない事が恥ずかしい。

●かっこつけたい

 

などなど、なにかしら悩みや不満があります。

この、悩みや不満を調べ上げるのです。

 

悩みや不満の調べ方

 

インターネットで検索する場合、本当の悩みや不満は匿名である事が多いです。

●yahoo知恵袋

 

●匿名性の高いSNS

 

などです。

 

キーワード検索するのもいいですね。

インターネットビジネスで稼ぐには、何事も検索が鍵です。

 

また、メルマガを配信しているのであれば、

「悩みは何ですか?」

と質問して、調査する事もできます。

 

このように人は不満や悩みを種に購買行動を起こす事を意識して、ターゲティングすると、

「こんなものが欲しかった」

を提供する事ができます。

 

ニーズリサーチによって、ターゲットの悩み、不満を知ることができたら、悩みや不満を解消できるようなコンテンツを作成しましょう。

 

いかがでしたか?

 

インプットの後はアウトプットです。

 

人の脳は一度きりの情報は削除するシステムになっています。

何度も繰り返す事で長期記憶にインプットされるのです。

 

せっかく時間を割いて読んでいただいているので繰り返す事であなたの長期記憶にインプットしましょう。

 

常に進化する事で輝く未来へ 田城