こんにちは、田城です。

今回は、老後の資金のお話しです。

 

私たちは、当たり前ですが、年老いていきます。

今元気に過ごしているあなたも、程度に差はあれ、体力、気力は右肩下がりになります。

このような現実に目を背けていると、老後、悲惨な現実が待ち構えている事でしょう。

もらえる年金額

将来もらえる年金額は年金ネットでおおよその金額がわかります。

退職金はもらえる補償はありません。

しかし、今の生活で精いっぱいなのに、そんな先の事考える余裕はない。

考えないでいると

老後極貧生活が待ち構えています。

 

年金の仕組みは現在働いている者が支払った年金が、現在の年金受給者に支払われます。

人口ピラミッドを見れば一目瞭然ですが、将来もらえる年金は確実に減少傾向にあるといえます。

この現状を踏まえ、私たちはどのような対策をすべきか、体力も気力も十分あるうちに考え、実行するべきです。

 

老後の必要な生活費の金額

老後の生活費に必要な金額は月額一人暮らしで153,724円夫婦二人暮らしで268,907円。

この金額は、平成27年度の世帯の標準生活費データを資料から抜粋したものです。

 

はたして、私たちは年金で生活できるのでしょうか?

 

厚生年金の受給額も減少傾向にある事はもうご存知だと思います。

国民年金は確実に生活できない受給額です。

 

仮に、生活で来たとしても、それは豊かな生活ではなく、節約しなければならないぎりぎりの生活だと容易に想像できます。

 

老後の豊かな生活を送るための準備

人によって見解は異なりますが、将来インフレに向けて進むと、多くの方が考えています。

 

つまり、現在の1万円は1万円の価値より下がるという事です。老後に備えて、こつこつ100万円貯金すると仮定します。

数十年後、わずかな利息が付きますが、その100万円は現在の100万円よりも価値が下がるという事です。

 

貯蓄型の保険も同じ現象が起こります。投資型の保険はこの現象は起きませんが、わずかなお金を投資しても、老後の必要生活費は賄えません。

 

毎日朝から晩まで働いて、老後の生活は目も当てられない苦しい物になる可能性は大いにあるのです。

 

老後の生活に備えてインタネットビジネスで稼ぐためのスキルを身に付ける事

国民年金加入者はもとより、厚生年金加入者も含めて、老後の生活に必要な資金の用意は必須です。

なぜなら、年金だけでは、十分に満足出来る老後の生活を送る事が難しい方がほとんどだからです。

 

インターネットビジネスで稼ぐためのスキルを身に付けておく事でこの不安は解消できます。

 

気力も体力も衰えてきますが、今から始めておけば、それを継続するだけなので、始めるときほどのパワーを必要としません。

 

インターネットの可能性に気が付いた方はもうすでに始めています。

 

今後の年金の行方

 

政府は年金についてあれこれと話し合いをしています。

内容は、年金をもらい始める年齢を引き上げる事、高齢者も働く事が出来る環境を整えて、賃金をもらっている高齢者は、年金が給付されないようにする事など、簡単にいえば年金として支払う事が出来るお金が少ないため、なるべく支払う金額を減らそうと考えているのです。

労働人口は2030年以降どんどん減ります。

 

人口ピラミッドを見ると逆三角形に近い形になってきており、2050年にはほぼ逆三角形になっています。

現行の年金のシステムでこのまま行くと、本当に年金で生活できるかどうか大きな疑問です。

 

そのため、政府は確定拠出型年金のような、個人の自己責任で投資する形の年金を取り入れ、税金を優遇するなどして利用者を増やそうするとともに、社会にお金を循環させて、経済を活性化しようとしているのです。

 

私たちは自分で自分を守らなくてはならない現実

確定拠出型年金の利用者を増やすとはどういう事か。企業年金は企業が投資に運用しています。

投資に失敗をすれば企業の責任になり、損失の穴埋めは、企業がしなくてはなりません。確定拠出型年金は掛けている個々人が自己責任で投資先を決めて運用するシステムになっているのです。

つまり確定拠出型年金は元本保証がなく、老後の生活費として、確実にもらえるかどうかわからないという事なのです。

 

いかがでしたか?

 

インプットの後はアウトプットです。

人の脳は一度きりの情報は削除するシステムになっています。

何度も繰り返す事で長期記憶にインプットされるのです。

 

せっかく時間を割いて読んでいただいているので繰り返す事であなたの長期記憶にインプットしましょう。

 

常に進化する事で輝く未来へ 田城